虹を見た。
今日、虹を見た。北東から南西の空にかかる、大きな虹だった。
なんだか昇っていけそうな橋が、空にくっきりと架かっていた。
魂は、虹を昇って天に帰るのだと、何かの本が、言っていたっけな。
北の空は、白い波の立つ、逆さにした海のようだった。
私たちは、ベランダに出て、虹が消えるまで、見ていた。
現実は、美しいものだった。空があり、虹があり、
空気は雨で濡れていて、ピンクがかっていた。
涼しい夕暮れだった。
みんなに見せたいと思った。
これを見ている人は、どれくらいいただろうか。
[PR]
by yucoon | 2007-07-11 01:41 | ひとりごと
<< グループ展 7月のメモ >>