<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
個展のお知らせ 2010
a0081110_383111.jpg
a0081110_38666.jpg
平凡であたり前のような暮らしでありながらも、日々、幻想は生まれてしまう。
そんな毎日から、これといって大きな理由もなく、生まれてきてしまった、
小さな作品たちを、展示します。
それを何かのテーマで括るとしたならば、「平凡ファンタジィ」
なんだか、そのまんまですが、そのまんまの作品を、
そのまんま、並べてみようと思います。
新たに挑んだ銅版画の小品20点くらいと、
今まで通りのやり方で描いたテンペラ作品を数点。

8月16日(月)〜 8月22日(日)
11:00〜19:00(最終日は16:00まで)
月光荘 画室1(銀座・月光荘画材店 地下1F)
東京都中央区銀座8−7−2永寿ビル地下1階 地図はこちら
TEL  03-3572-5605

月光荘は銀座にある老舗の画材屋さん。
わたしは、こちらのスケッチブックと8Bえんぴつを愛用しています。
画室はその画材屋さんの脇の、階段を降りた地下にあって、
ポストカードのコーナーや、小さなカフェコーナーの奥にある小部屋です。

期間中は、毎日在廊します。ぜひ遊びに来て下さ〜い!
[PR]
by yucoon | 2010-07-26 09:05 | 個展のこと
アート週間
New!リンクに☆銅版画「唐津のり子の作品」を追加しました!もうすぐロンドンへ行ってしまう工房の先輩、唐津のり子さん。
穏やかな色彩と、優しい瞳の女性たちが、銅版画で描かれています。  

7月6日
写真展
『ドクター・カランカズ・プリント・ストラヴァガンザー・イン・ジャパン』
a0081110_2321952.jpg
a0081110_232610.jpg
かわいい建物は立川にある、ギャラリーセプチマ。イトウジュンさんが参加している写真展へ。ジュンさんはムサ美の先輩で、グループ展に誘ってくれたりと、いつもお世話になっているんだけど、ブログの写真がきれいなので、写真展とかやればいいのになあと,前から思ってたのでした。出品されていたのは、草を下から撮った緑と空の写真とか。きれい。わたしは何やら、小っちゃくなってみたいと思ったりすることがあるので、こういうバグズライフな感じの目線は楽しい。世界から集まった写真が、名前もタイトルも額もなく、ラフにペタペタ展示してある感じが面白かった。写真て、本来そういうものかもしれない。どこで何を撮ったのかわからないものや、古ーくてシブイ写真とかいろいろあって、ひとつひとつに物語があるんだろうなと、思ったのでありました。それを撮った人たちが、写真で出会っているような展覧会でした。


7月7日 
お友達の新築宅へ
a0081110_2324051.jpg
千葉にお家を建てて、引っ越した娘の中学校時代のママ友の新築宅へお呼ばれ。ピカピカの注文住宅は、どこもかしこも、素敵だった。すぐ裏にはこんな森が!この森を見るための、姿見ほどの長い窓とか、座って靴下が履けるように段差の付いた畳とか、細かいところがこだわりぬいてあって、こういうのをひとつひとつやっていくのは、注文する方もさぞかしエネルギーがいることだろうなあ、と感心。大きなテーブルでママ友5人とパスタとビシソワーズとマリネのランチを御馳走になりながら、お喋りは尽きない。子供が卒業してもこうやってお付き合いできるのは、嬉しいことだなぁ。ずーっとカリカリ制作してたので、ちょっと気分転換させてもらいました〜!


7月10日
アンドーヒロミさんの個展、そしてハーフパイント
a0081110_233143.jpg
土曜日は工房の先輩アンドーヒロミさんの個展、銀座OギャラリーUP・Sへ。力強くてユーモラスな形と、シンプルな配置がいつも、いいなあと思う。工房で時々見る、作業中の版もそのままぶブリキのオモチャみたいになりそうで、とても魅力的なのでした。いろいろ話していたら、アンドーさんもムサ美の先輩で同じ学部の、同じ科だったことが判明!なつかしい先生の名前も出てきてびっくり。学校の先輩でもあったのだ。それにしても版画は奥が深いなー。いろんなやり方があって、勉強することがまだまだ沢山ある。こういう良い展示を見ると、自分の来月の個展のことが、ずーんと心配になってきて、どうしようもなく、不安に襲われてしまうのでありました。

会場で会った工房の先輩Mさん(もう先輩ばっかりです)とイングリッシュパブスタイルのお店で、昼間っからペールエールと枝豆。飲みやすくて美味しかった!ハーフパイントだから昼間でもいいの。ここのお店は要チェックだな。(ブルドック)いい所教えてもらいました!「あー来月どうしよう、こんなんで個展なんてやっちゃっていいのだろうか」などなど、不安な胸の内を、聞いてもらうなどして、ビールはおしまい。ちょうどええ感じ。


高橋コレクション
a0081110_233345.jpg
ちょこっとペールエールのあとは、日比谷の高橋コレクションへ。山口晃の実物が見たくて、Mさんにくっついて行った。何かと話題の会田誠はわたしにはちょっと、ごめんなさい。やっぱり山口晃が良かった。実物見れてよかった。アイデアもデザインもカッコいい!油彩なのに日本画のようだ。中身はメカな植物とか、馬バイクとか、近寄って細かいところをひとつひとつ見たくなる。見るところがいっぱいあって、目が満足するという感じ。少し痛いところもありつつ、そういう世界なのに、不思議と穏やかな空気が流れているのだった。やっぱり画集欲しい!今度ぜったい買おう。

こんな感じで先週は、おでかけ充実アート週間でありました。
で次は?自分もやんなきゃ。きゃーコワイ!どーするよ、自分。。。

↓ここに広告出るようになっちゃったの、やだな。

[PR]
by yucoon | 2010-07-16 01:15 | アートなこと
近くの浜へ行ったりなどして
a0081110_054858.jpg
ここのところ、次から次へといろんな思いが駆け巡ってきてしまい、
どうも収拾がつかなくなってきた。何なんだろう?この語り尽せない想いは。
どれもこれもが、あまりにも大事で、何ひとつ、取りこぼしたくないと
思っている自分がいる。そういうのは欲張りというもので、
もう少し落ち着いて物事を見据えていなければならないのに、どうもおかしい。
ノートは殴り書きばかり。文脈はバラバラで、迷走している。
今自分で見返しても感情がほとばしっているようで、
なんだか自分じゃないみたい。何かが変わろうとしているのだろうか?
何か目標があったとして、それをクリアしていくとして、
そこには予測不能な出来事が山のようにあって、
その全部を自分でコントロールすることなどできない。
自分でコントロールできるとしたら、今、起きていることに対する
感情と情報の処理だけなのだ。
未来とか過去とか、いろいろあるけど、もう現在しかない!というような。。。
今現在を、この状況にはどういう意味があるのかを、
ひたすら探るしかないのだ。
a0081110_1553429.jpg
意味はどこかにあるものじゃなくて、ここにあるもの。
あらかじめ設定するものではなく、すでに掴んでいるもの。
あー、うまく言えないな。でも意味があるとしたら、
それはすべて「愛」のようなものだと思ってしまったのだ。
どう考えてみても、この溢れ出る感情の行き着くところは、それなのだった。
「愛」だなんて、こんなことを言うのは、きれいごとのようだけれども、
そう思ったんだからしかたない。
思索と制作だけでは、どうにも足りないものがある。
流れ去る、声の聞こえないコミニュケーションにも、もどかしさを感じる。
何かしら、五感全部で体験することができないと、
わたしの出力は滞ってしまうのだった。
遠くへ旅するわけにもいかないから、近所の臨海公園の人工の浜へ行って、
缶ビール飲んで、他愛もない話をしながら、
五感で、音や、声や、光や、風を浴びてきた。
小さな世界も、大きな世界も、愛すべきもので溢れているな。
わたしは、このことを、どうすればいいのだ。
なにか描くしかないんでしょうね。もう。
[PR]
by yucoon | 2010-07-06 00:17 | 日々のこと