<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
夕暮れの銀座へ
a0081110_19355729.jpg今日も工房の帰りに銀座へ。個展でお世話になっていたギャラリーフォレストさんが、いつもDMを送ってくれるので、時々寄らせてもらうのだ。今週の展覧会は去年からオーナーが作品の写真を見せてくれたり、期待の話をしていた、高松和樹さんの個展。今は、いろいろなところでとりあげられていて、とても人気のようです。作品の実物は初めて見たけど、不思議な質感で、独特の世界。黒のアクリルガッシュのマット感もベルベットのようですごくきれいだった。彫刻のようでもあり、プラスチックのようでもあり、木目みたいにも見える白の階調がすごい。作家さんはとても謙虚な感じの方でした。どうやって作ってるのか、気になる作品なので、聞いてみたら、CGで3D画像を作ってそれを土台にして作品に仕上げていくんだそうだ。新しいなー。見たことないもの、見れたなー。
フォレストミニギャラリーのほうは、女性の作家さんで、ジブリの背景のような世界でした。鉛筆画はphotoshopで色づけしてるということで、「ほー」と思う。こちらも、コンピューターが画材になってるんですねー。なるほどー。
a0081110_2041041.jpg
帰り道。銀座はすっかりクリスマス。
中央通りに抜ける、夕暮れの空はきれいなグラデーションだった。
街の光りと空の色。。。
湿度がちょうど良くて、いい空気感。。。
デパ地下で、小っちゃいケーキを買って帰る。
[PR]
by yucoon | 2009-11-26 22:13 | アートなこと
オーライタローさんの個展
a0081110_19512523.jpgちょっと行き詰まっていた作業が、なんとかなりそうだったのでようやく工房へ。今日は真冬の寒さだった。なんとなくぼんやりしたまま、試し刷りをちょっとやって、少し早めに切り上げて、銀座へ向かう。オーライさんの個展が開かれているギャラリーツープラスへ。今日が最終日だったので、ご本人にもお会いできた。油彩で描かれた建物は、いつもそうだけど、風情があって、ひとつひとつ存在感があるなあ。ドライポイントの作品もマットな風合いでいいなあ。古い建物は絵になるけど、絵になった古い建物たちは、息を吹き返したように見えるのです。外は寒いのに、作品はみんなあたたかい。「カンダ歩行者」という小冊子をひとつ買う。ギャラリーのオーナーが「隠れたベストセラーですよ」って。神田界隈の建物と、エッセイが載っていて楽しい。
去年の今頃、わたしに版画を勧めてくださったのは、オーライさんなのです。そのおかげで、わたしは今ではすっかり、版画が面白くてしょうがなくなり、自分の中の世界が広がったような気がします。ほんとうに感謝です。
[PR]
by yucoon | 2009-11-19 20:43 | アートなこと
揚げベール
a0081110_8323082.jpg
揚げベールを食べてみたい!とのリクエストにこたえて、作ってみた。夕飯のおかずを揚げ物にしたので、余った衣にカマンベールチーズをゴロゴロ。丸ごとジュワッと揚げて出来上がり。はしっこがちょっと焦げちゃったけど。。。なかなか冷めなくて、中身のとろっと加減がちょうど良くて、おいしい。かなりカロリーアップではありますが、想像通りの味に満足満足。ビールにも合いそう。
[PR]
by yucoon | 2009-11-18 20:33 | 食のこと
卵黄メディウムを作る
a0081110_1644498.jpg
このごろ、版画制作ばかりやっていて、テンペラのほうの制作はあまりしていないのだけど、描きたくなった時にすぐ描けるように、キャンバスの下塗りはすでに何枚かしてある。でも絵の具を作るときのメディウムが、もうだめになってしまった。これはそれほど日持ちしないので、作ったらさっさと使わなければならない。作ってしまえば描くきっかけにもなるなーと思い、タマゴを割って黄身と白身を分けた。そしたら、おー、今日のタマゴは卵黄の色が濃くてコロンときれい!ということで、写真を一枚。あやしいお料理みたいだけど・・・。卵黄のうすーい膜をそっと破って、中身をビンの中へ。リンシードとダンマルワニスという画用油を混ぜたものを、卵黄に少ーしずつ混ぜながら入れる。とろ〜っとなったら、防腐剤を数敵入れて、できあがり。わたしの作品はだいたい小さいから、これだけあれば、結構描けちゃう。テンペラは絵の具を作りながら描くので、そのめんどくさい感じがけっこう楽しい。いちいち顔料を水で溶いて、この卵黄メディウムを混ぜて描くのです。準備はできたぞ。。。さーて。。。
[PR]
by yucoon | 2009-11-17 17:04 | 制作のこと
なぎさとアルビン号
*こねこのなぎさちゃん
a0081110_22303515.jpg
今日は娘たちの学校の振替休日だったので、子猫があまり大きくならないうちに見に行こう、ということで兄んちへ。
まだ小さいので逃げたり嫌がったりせずに、遊ばれ放題。ねこ大好きの娘たちや2歳の甥っ子の、なでなで攻撃にすっかり疲れて、いきなり寝てしまった、なぎさちゃんなのでした。短い手を合わせてるところが、なんとも。。。


*アルビン号の深海探検3D
a0081110_2340115.jpg
帰りに途中下車して、映画「アルビン号の深海探検3D」を見る。
下の娘の吹奏楽部のコーチをしてくださっている、福井健太先生が、この映画の音楽プロデュースと演奏を手がけているんだそうだ。
吹奏楽部のお友達にばったり会う。「今日が最終日ですよね」とお友達。「えー!そうだったの?知らなかった」セーフセーフ!
3Dメガネをかけると、飛び出してくるというよりも、向こうの方が遠く見えるっていうか、奥行きが感じられて不思議。深海をゆらゆらしてる気分。暗い深海にシンシンと降るマリンスノーも宇宙の星々のようだけど、生き物たちもまた、地球外生物かのような驚きの姿。まだまだ見たこともないような生き物がいるっていうところが、宇宙探検とは違ったワクワク感がある。すごーくへんな生き物を、まだまだいろいろ見てみたい。音楽も、ずーっと心地よくて、今度、生演奏で聴いてみたいな〜、なんて思ったのでした。
[PR]
by yucoon | 2009-11-13 22:42 | 日々のこと
サンキャッチャーをつくる
a0081110_1049738.jpg
火曜日は一日、母に付き合い、上野の東京都美術館で、母のお友達が出品している童画展を見たり、浅草橋のビーズ屋さんや、和紙屋さんへ行ったりした。
ビーズ屋さんでは、ゴロゴロしてキラキラした、おっきいスワロフスキを発見!窓辺にぶら下げて部屋に太陽の光を入れる、サンキャッチャーが欲しくて探してたんだけど、卸値でこんなの売ってるんなら、好きな形の粒を選んで、自分で作ればいいんだ!ということでひとつ。作るといっても、テグスを通しただけ。東の窓にぶら下げてみたけど、きのうは雨で今日はどんよりなので、まだサンキャッチできてない。晴れて朝陽が昇ったら、キラキラ~ってなるかな。。。
[PR]
by yucoon | 2009-11-12 11:18 | 日々のこと
冬近し
a0081110_1032829.jpg
もこもこ中・・・。晴れてても、冬の気配。。。
[PR]
by yucoon | 2009-11-07 10:29 | 日々のこと
個展めぐり
工房の0さんと銀座で待ち合わせて、まずはランチ。お手頃お寿司を食べましょう、と行ってみたら、お店がなーい!ってゆーか、道なりに1ブロックごと、まるまるなーい!でっかく工事中。激しく変わってしまう銀座。古いものもちょっとは残しといておくれよー。予定変更して、コアの地下のつばめグリルでランチしてから、工房の山宮律子さんの個展が開かれているガレリア・グラフィカへ。

a0081110_88506.jpgくつろいでいる女性たちの姿、力強くて勢いのある線、それでいて女性らしいやわらかさ。モノクロの銅版画作品にも色彩を感じます。DM作品のように4版多色刷りという、力作もあって、すごいな〜、とためいき。寄ったり引いたりしてじっくり見ちゃう。銅版画でここまでできるんですねー。それと、油絵かな?と思っちゃうほど、さりげないタッチを残したアクリル画もあって、とっても見応えがありました。
山宮律子 個展「女神たちの景色」
galleria grafica bis にて 11月7日(土)まで


a0081110_891588.jpgそのあと、銀座3丁目へ向かう。知り合いのイトウさんとオーライさんが参加されているグループ展「描くひと展」へ。
イトウさんのオレンジのシリーズは、たっぷりしててツヤがあって、絵の具の質感がここちいい感じ。太陽みたいに光ってて、温かい。
オーライさんの静物画は、やっぱり味わい深くていいなぁ。インク瓶とか。モノ同士の距離感っていうかバランスが絶妙。なんだか、ほっこりします。
描くひと展'09
「ゆう画廊」にて 11月7日(土)まで

お茶してひと休みして、そのあと月光荘に寄る。
街には早くもクリスマスツリーがお目見え。でもまだ、そんなに寒くないから、展覧会にはいい季節だなー。
ふつふつと、制作意欲を刺激された一日なのでした。
[PR]
by yucoon | 2009-11-05 23:10 | アートなこと
文化の日
a0081110_21401165.jpg
文化の日ということで、東京都の高校が集まる文化祭の一環で、音楽部門の地区大会というのがあって、川崎へ。東京都のイベントなのに、なんで川崎?ココ神奈川県ですよね??会場がとれなかったとかあったのかな。。。ま、いっか。
おっと、リハ室の音がステージまで、もれちゃってるじゃん、、、という、古いホールでありました。学校ごとに、吹奏楽や管弦楽や合唱を披露しあう、というもので、上手い下手は、もはやどうでもいい。こういうのは経験が大事大事。夏の吹奏楽コンクールみたいに賞とかはなくて、講評もらうだけだから、なんだかその、ちょっとユルーイ感じが、またいいね。
[PR]
by yucoon | 2009-11-03 22:02 | 日々のこと
英国制服スライドショー&お茶のイベント
a0081110_717823.jpg
英国本のライターさんと、本の絵を担当されている工房の松本里美さんとの企画イベントのため、下北沢へ。以前、世田谷に住んでいたこともあったけど、下北沢には初めて来た。商店街が賑わってて、いい感じ。角を曲がってちょっと静かな住宅街にある「下北沢GAoh」にて"英国制服スライドショー&お茶のイベント"に参加させてもらう。壁には松本さんの銅版画の展示。そして本のために撮影されたイギリスの兵隊や学生の制服のスライドショー。なんとなくのイメージでしか知らなかった軍服のディティールなどなど、いろいろ見れて面白かった。部隊によってボタンの数が違ったり、細かいところにいろんな差違をつけてあって、着る人の地位が一目でわかるようになっているんだそうだ。学生もタイの形やベストの色とかで、その子のレベルなんかがすぐわかっちゃう。イギリスの徹底された階級社会の一端を見て、おお!となる。だけども、その男子たちの姿がめちゃめちゃカッコいい。若くてもGちゃんでも、ほんと気品があって絵になる様子ばかり。何でしょうか、イギリス人のこの美意識は。。。そしてやっぱりそういう、かたちある伝統が現在までずーっと続いているところに、イギリスの凄さがあるんだなぁと思った。
紅茶と共に、頂いたお菓子はマーマイト味。マーマイトって食べたことなかった。イースト菌から作られたジャム的なもので、独特の味って聞いてたけど、食べてみたら、ちょっとしょっぱくて、コレ、けっこう好きかも。わたしの好きなショートブレッドもあったので、サクサクいただきました。
夕暮れのひととき、へぇー!という驚きがいろいろある、楽しい時間でした。
夜は帰らなければならず、次のビール会に参加できなかったのが残念。
[PR]
by yucoon | 2009-11-01 23:20 | アートなこと