<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ドルチェピンチョス
a0081110_2147425.jpg
スペインにはコーヒーを飲んで一服したり、ビールやワインを飲みながらタパスやピンチョスという小皿料理を食べられる「バル」があちこちにある。このごろは日本でも、そういうスタイルのお店が増えているらしい。よく行くショッピングモールにも、スペイン風バルができたので行ってみた。ピンチョスは楊枝にさしてあるひとくちおつまみで、たいていは酒の肴なんだけど、こういう「ドルチェピンチョス」っていうのは、スペインではあんまり見たことがない。きれいだったので写真を一枚。バルは、ほどほどに飲んだり食べたりできてとても便利なので、こういうお店が増えるのは嬉しいな。
[PR]
by yucoon | 2009-06-28 22:41 | 食のこと
長生き鳥
a0081110_1139462.jpg
自分もそれなりに年を取ると、身の回りに寂しい出来事が多くなります。。。
オカメインコの平均寿命は18年なんだそうだけど、先日、工房でお話しした愛鳥家のお宅のオカメインコはなんと30年生きたのだそう!そんなに長生きできるなんて知らなかったので、びっくり!よほど上手に育てられたんでしょう。うちのマカロンはまだ3年目。もしあと27年ウチにいたら、その頃のウチはどんな風になっているだろう。。。
[PR]
by yucoon | 2009-06-26 11:28 | 日々のこと
ふぁふぁの日
a0081110_1125564.jpg
今年は父の日が命日と重なったので一家で実家へ。みんな集まってお昼ごはん。帰りがけに夕方から、映画「トランスフォーマー」を見る。音がすごいマンガみたいで面白かった。うちの娘たちから夫へ、父の日のプレゼントは、ひんやりタオル。先月の母の日は何もなかったからということで、わたしにはアロマオイルを用意してくれていた。「ふぁふぁの日ということで、、、」って、どっちでもありな日になったようだ。小さい頃は、絵を描いたカードとか、肩たたき券とかお手伝い券とか、そういうのも嬉しかったけど、いつのまにか大人になったんだなーと、しみじみ。
[PR]
by yucoon | 2009-06-22 10:45 | 日々のこと
あー
a0081110_17552590.jpg
あー、そうか、きっと、たぶん、そういうことなんだろう。
と、ひとり合点。。。
たとえていうなら、気分は、今日の、こんな空のような感じ。
[PR]
by yucoon | 2009-06-17 23:11 | ひとりごと
ひといき
a0081110_11293111.jpg
夕飯のあと娘が作ってくれたロイヤルミルクティー。今週の週間天気予報では、雲行きがあやしかったけど、父は晴れ男だったので、梅雨時にもかかわらず、誰も法要の日のお天気の心配はしていなかった。案の定、今日は風もなく暑くもなく、ちょうどいいお天気だった。このごろは、親戚が集まるときは黒い服のことが多いけれど、こうやって少しずつ、気持ちの区切りをつけて行くんだね。上手くできてるね。なんて話しながら。。。
帰ってきてからは、待ち構えていたように、土砂降りの雨が降った。
[PR]
by yucoon | 2009-06-16 23:34 | 食のこと
堀内苑子先生の個展
お世話になっている工房の銅版画の講師、堀内苑子先生の個展を見に銀座へ。
木々のあいだを抜ける風や、川のせせらぎのようなものを感じさせる、穏やかな空間でした。ピンクや緑の可愛らしい色使い。自然の中にいるみたい。銅版画の勉強をはじめたばかりの私は、つい技法にとらわれて、どうやって作ったのかが気になってしまうけど、「そういうふうに見たらダメですよねー、先生。」「今はまだ技法のことが気になるだろうけど、わかってくると自由になれるから」って。作品の見方も、自分の表現の仕方も、どっちも自由になりたいです。先生のあたたかな作品は、とても自由なのでした。

堀内苑子個展 櫟(くぬぎ)画廊 にて 6月20日土曜日まで。
[PR]
by yucoon | 2009-06-15 18:19 | アートなこと
こんな感じで
a0081110_11321517.jpg
これは先月の工房展に出品した銅版画のうちの1点「雨だれハーモニー」。アクアチントやシュガーリフトという技法を、先生にいろいろ教えてもらいながら作った作品。テンペラで描いている時、もっとカリッとした細い線を出したい!と試行錯誤してきたけど、版画ならそれができるので、その辺が満たされる。そしてずっと色で描いてきたわたしにとって、単色というのもまた新鮮。どんどん作りたいけど、家では描画くらいしかできないし、何かといろいろ時間がかかるものなので、途中で冷静になれるのもいいかも。
[PR]
by yucoon | 2009-06-14 12:03 | 制作のこと
おおらいえみこさんの個展
おおらいえみこさんの個展が開かれている、銀座ギャラリーツープラスへ。お相撲さんのシリーズとトルコのシリーズ。お相撲さんは今年の始めに目黒の銅版画教室で、製作中のものをチラッと見せて頂いたことがあった。シリーズでは小さな画面に、ぽってりしたお相撲さんたちが、愛らしい動きと表情で登場していて、とてもほのぼのと、ユーモラスな感じ。油彩も良かったし、ファイルには異国の空気がほわほわ。上の階はトルコシリーズ。以前トルコで生活をされていたそうで、きっと肌で感じたトルコの世界なんだろうな。人々ものんびりした感じ。猫やロバなんか、ものすごくかわいかった。銅版画でこういうやわらかい表現ができるんだなあ。ほっとするような優しさがあって、すごーくよかった。
a0081110_1603485.jpg
おおらいえみこ展 ギャラリーツープラスにて 6月11日(木)まで
[PR]
by yucoon | 2009-06-10 16:37 | アートなこと
最後のひときれ
a0081110_1746853.jpgいただいたお菓子の最後のひときれ。ありがたい気持ちで頂きます。しっとりしてオレンジのフレーバーがやさしい味です。きのうショッピングセンターに忘れ物をしたので、今朝問い合わせの電話をした。防災センターのおじさんのところにまわされて、「レスポートサックというやつのポーチなんですけど」って聞いたら、「レスポの小袋ですね?」って。おじさん、レスポとかよく知ってるねー、さすが。それを取りに行ったついでに、カルディでジンジャージャムなるものを買ってみる。しょうが紅茶というのにはまっていた時は、ショウガとハチミツをいちいち入れていたけど、これなら楽ちん。紅茶に入れて飲んでみたら、けっこうおいしい。南半球はこれから冬だって。冷え性にもいいかも。どうやったら作れるのかな。今度調べてみよう。
[PR]
by yucoon | 2009-06-08 17:46 | 食のこと
ふつつかですが
「夜のソネット」と名づけた版画の第一作目が嫁にでました。これはまったく思いがけないことです。まさしく処女作なので、世間知らずな子を嫁に出す親のような気持ちというか、なんというか、いいんですか??みたいな感じではありましたが、会場で一目惚れをして下さり、大切にしてくださるとのこと、なんとも幸せな子です。ご主人はお目にかかったことのない女性の方ですが、頂いたお言葉に感動と感謝がこみ上げてきました。作品が無事に届き、喜んで頂けたようなので、こちらも嬉しいかぎりです。これはわたしにとって意味深い出来事となりました。大事なことを気付かせてくれて本当にありがとうございます。
どうかお幸せに、そして良い夢を・・・。
[PR]
by yucoon | 2009-06-04 22:09 | 制作のこと