「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
神楽坂へ再び
仙台の親戚に赤ちゃんが生まれたので、お祝いに何かないかなぁ・・・と考えたら、そうだ!この間行った"コドモといっしょの道具の店「こぐ」"にかわいい赤ちゃんグッズがあったなーと思い出し、再び神楽坂フラスコへ。今日が最終日だったのでセーフセーフ。どれも可愛くて欲しいものがいろいろあるので、どうしようかと迷いに迷っている間に、偶然お友達もやってきた。一緒にアイスコーヒーを注文しておしゃべりしながらちょっと一息。すっかりくつろいでしまった。そのうちにお子さん連れのお客さんで少し混んできたので、迷った末ベビーシューズとスタイにきめる。作家さんが一点一点、手作りしたものだから、他ではなかなか買えないし、こういうものって、作品だから買うとなんだか嬉しくなるなぁ。。。お祝いにぴったりな買い物ができたと、満足して家路についたのでした。

a0081110_17405721.jpg

[PR]
by yucoon | 2009-05-31 18:17 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
展覧会終了
工房展が終了しました。搬出作業は早々と終わり、一週間はあっという間でした。Mさんが言うように新しい一歩を踏み出すのはけっこうエネルギーが要ります。不安もあったけど嬉しいこともあり、良い体験になりました。これから学ばなければならないことは、まだまだたくさんあります。いくつになっても、学びに終わりはないんだぞ、、、と気持ちを新たにして、また絵を描いてゆきます。
[PR]
by yucoon | 2009-05-30 23:26 | 出展情報とお知らせ | Trackback | Comments(2)
神保町散歩
a0081110_20191122.jpg今日は午後から展覧会の当番の日。午前中からランチまで友人と神保町を散歩してみる。古本屋さんがたくさんあって面白いし、人通りも多くて小さな路地に入っても人通りが絶えない。活気のある街なんだなあ。通りから路地を覗いたら、喫茶ミロンガを発見!あーこれ、オーライさんの絵で見たとこだー。この辺の感じだったのですねー。まさに絵になるところだなぁ。ここはタンゴが聞ける喫茶店らしい。そうそう、月曜日もタンゴを聞いたのだった。今度入ってみたいな。てくてく歩き、ランチとお茶を済ませてギャラリーへ。いつもわたしの小さくてゆるーい個展を見てくれている友人は、たくさんの力作に圧倒されちゃうと言っていた。ね!みんなすごいんですよー。わたしも日々、圧倒されておりますです。
[PR]
by yucoon | 2009-05-27 21:03 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
唐津のり子さんの個展へ
版画工房の先輩である唐津さんの個展が昨日から始まっているので、神楽坂フラスコの「こぐ」へ行った後、地下鉄を乗り継ぎ、外苑前へ。工房では近い席で何度か作業させてもらったことがあって、DMを頂いてあった。ドライポイントやエッチングで描かれた人物の目や表情、手の動きが優しくて穏やか。色もきれいでいいなぁ。。。技法のこととかいろいろ聞いちゃいました。最近わたしは生き物らしき人らしきものを描きたくなってきたけれど、なんだかうまくいかなくてどう表現していいものやらと、スケッチばかりしているところだ。唐津さんも、以前は人物は描かなかったのに、あるとき何かふっきれて人物を描くようになったんだそうだ。そういう時期がやってくるんでしょうか。描かれた女性たちのまなざしが優しくて穏やかなのは、きっと何かそういうことなんだろうと。。。そうだな、技法も大事だけれど、やっぱり本当に大事なのはその奥にある何かなんだと、あらためてしみじみと感じました。
唐津のり子銅版画展「花ひとつ髪にさして」
ギャラリーハウス・マヤ にて 5月30日まで

[PR]
by yucoon | 2009-05-26 18:33 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
「こぐ」でお買い物
a0081110_17373179.jpg

お友達が参加している、コドモといっしょの道具の店「こぐ」のご案内をいただき、会場の神楽坂フラスコへ。木やガラスや焼き物の食器、布もの、本など、作家さんたちが手作りした品物を展示販売する企画で、可愛くて楽しいものがたくさんありました。釉薬の乳白色がきれいな小ぶりでちょうどよい大きさのお茶碗を見て、あーそうだ、今わたし欠けたお茶碗使ってるんだっけっー、、、て思い出し、このお茶碗でご飯食べたら普通のご飯でもおいしくなりそうだなぁと思い、夫用と自分用に2つ買いました。小鹿田焼き(おんたやき)という焼き物だそう。さっそく今日から、これでご飯食べよう。そしてこれ、ひげ+コック帽!フェルトのひげは柔らかいゴムがついていて、耳にかけられるようになってる。おもしろーい!これは甥っ子にぜひあげたい。大好きなお料理が楽しくなるね!それとおだんごのポチ袋も、かわいかったのでひとつ。黒板やバックや手ぬぐいもよかったなー。

5月31日まで 神楽坂フラスコ 主催:コド・モノ・コト
[PR]
by yucoon | 2009-05-26 18:03 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
工房展 開催中
版画と絵画工房、ザボハウスの展覧会が今日から始まりました。昨日は右往左往しながら搬入と展示を終え、初日の今日は夕方からオープニングに参加してきました。わたしは入会してからたぶん一番、日の浅い新米なので、はじめはちょっと心細かったけど、初参加だという先輩と一緒に作品を見て回ったり、いろいろお話できたのでよかった。お手製のお料理やお菓子がたくさん並んで、素敵なタンゴの歌やダンスもあり、とても楽しいひとときでした!その後、お近づきになった方お二人と、ちょっと座りに行きましょうかということで、神保町駅前の喫茶店でお茶して帰る。銅版画やリトグラフ、油絵など、見応えのある展覧会です。みなさんクオリティの高い力作ばかり!わたしのは試しながら習いながら作った初の版画作品ですけど。。。なんか気後れしちゃう。。。たくさんの個性に刺激されます。今週の土曜日までやってます!
[PR]
by yucoon | 2009-05-25 23:12 | 出展情報とお知らせ | Trackback | Comments(2)
国立新美術館へ
a0081110_2382311.jpg

友人がチケットをゲットしてくれたので、一緒にルーブル美術館展「美の宮殿の子どもたち」を観に乃木坂へ。わたしは国立新美術館にはまだ行ったことがなかったのでいい機会だった。ありがとねー!上野のルーブル美術館展はすごく混んでいるみたいだけど、こちらの企画はそうでもなくて、沢山あった展示品もひとつひとつちゃんと観れた。子どもをテーマにした企画で、古代の出土品やミイラ、19世紀くらいまでのヨーロッパ絵画まで盛りだくさんだった。古代オリエントのおもちゃが魅力的だったな。台車にのったハリネズミやライオンは大昔のミニカーみたいなものだろうと思ったし、ゆがんだゲーム盤とかイノシシのガラガラとか、微笑ましいカタチ。パピルスに書かれた家訓のようなのもあって、いつの時代も親心って同じだなーと思ったり。何も知らずに行ったけど今日は国際博物館の日ということで、会場を出る時にいちばん印象的だったあの古代おもちゃのフィギアをもらった。これ、目玉だったのね。その後アカサカサカスまで散歩して帰る。久々の美術館体験でした。

a0081110_8555340.jpg
わたしはこのハリネズミが台車にのってるやつにした。古代のおもちゃ、多分ミニカー?なんとも愛らしいデザイン。気に入っちゃいました。人生ゲームとかスゴロクやるときなんかに使えるね!

[PR]
by yucoon | 2009-05-18 23:15 | アートなこと | Trackback | Comments(4)
とりとめのないスケッチ
版画をやるようになってから、スケッチばっかり描いているのでスケッチブックの減りが早い。やっぱり月光荘のウス点ブックが描きやすいんだけど、もうなくなってしまい、8B鉛筆もどんどん小さくなるので、銀座に出かけついでに月光荘画材店へ。レジのそばに「四月と十月」の最新号が出ていたのでそれも買った。去年は「でんえん」で一冊買った。最新号は20号記念ということで巻頭はカラーになっていた。前にも書いたけど、作っているのは画家の牧野伊三夫さんで(夫の知り合い)絵とそれを描いた作家の言葉が並んでいる本なのだけれど、わたしはこの本の空気感がとても好きだ。美術雑誌にはない静かさと落ち着き。描く人がどんなことを考えているのかその一端を覗くことができるし、そうそう、わかるぅー、みたいになってなんかうれしいのだ。こういうの読んだり工房で作業したり、他の人の個性に刺激を受けると、自分はどうよ?ってなる。何度も何度もとりとめのないスケッチをしていてスタイルやら技法やらが気になり始め、気分があちこち散らかってしまって、自分自身の表現ってなんだろう?って思っている今日このごろ。なんだろう?どこに向かいたいんだろう?向かうところなんかなくてもいいんじゃないか、とかいろいろ。。。今はただ、とりとめのないスケッチの行く先だけをつかめればいいのかもしれないんだけど。。。
[PR]
by yucoon | 2009-05-17 14:58 | 制作のこと | Trackback | Comments(0)
絵と言葉
おととい、お買い上げいただいた絵を届けに行き、カサカサの喉に冷たいビールが通って行くのを味わいながらしばしお話。わたしの絵を見ていると、詩とか言葉が浮かんでくるんだそうだ。ほー、そうなのかぁ、人のココロに何かを喚起するというのは素晴らしいことじゃないの!詩を書きたくなるなんて。彼女は前回のわたしの個展を見た時に、自分が思っていたことが絵になっているような気がして驚いたんだって。わぁー、ダイレクトに伝わったんだー。ってゆうか描く人と見る人に内的な共通項があると、ピピッとくるよね。うれしいなぁ。描き手としても感慨深いものがある。風邪も治っちゃうよ。

昔読んだカポーティの短編集を再読しているけどきのう電車の中で読んでいて、ナゾの画家の話があった。そこにはこんなくだりが。。。

「・・・興味をかき立てられるのは、見る側の人間がその種の作品の中にそれまでは自分にしかない、他人には説明できないものと思われていた特別な何かが描かれていることに気づくからである。・・・ぼくは一度も詩を書いたことのない詩人だ、絵を描いたことのない画家だ・・・」

順番に読んでた短編集なのに、なんかすごいタイミング!よーくわかります。自分でも誰かの作品を見て、ハッとすることは度々あるし、考えてはいてもやれなかったりやらなかったりすることって、いろいろある。彼女も詩とかなんでも書きたい言葉をどんどん書いちゃって書いちゃってー!って思う。ほんとにやりたいと思うこと、やりたいよねー、おたがいに。。。
[PR]
by yucoon | 2009-05-16 10:29 | 制作のこと | Trackback | Comments(0)
ザボハウス展
私が現在お世話になっている工房の展覧会が開催されます。私の場合、版画はまだぺーぺーなので、展覧会があると聞き、みなさんの作品を観に行くのが楽しみだな〜 なんて思っていたのですがこの間、先生に「作品できたんだし、あなたも参加したら?」と言われ、「え!いいんですか?」、、、ということで、急ではありますが3点出品させてもらうことになりました。工房は銅版画だけじゃなく、リトグラフや絵画もやってるのでいろいろありそうで楽しそう。会場は画材屋さんのビルなのでお買い物もできるし、神保町は古本屋さんなどが並ぶ味わい深いロケーション。お時間あればぜひお越し下さい。

a0081110_1351492.jpg第17回「ザボハウス展」
2009年5月25日(月)〜30日(土)
文房堂ギャラリー
11:00〜18:30(最終日は17:00まで)

千代田区神田神保町1-21-1
文房堂ビル4F
tel 03-3294-7200

[PR]
by yucoon | 2009-05-15 13:13 | 出展情報とお知らせ | Trackback | Comments(2)