「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
シザーハンズ
a0081110_23525336.jpgきのう、マシュー・ボーンのバレエ、シザーハンズを観てきた。去年のシルフィード以来、生でマシュー・ボーン演出ものを観るのは二度目。シザーハンズは映画も大好きなので、すごく楽しみにしていた。優しくて、ちょっと悲しいティム・バートンの映画の世界が再現されていて、素晴らしかった。装置も演出もファンタジックで、繰り広げられるダンスからは、まるで台詞が聞こえてくるようだった。ダンサーのダンスもさることながら、キャラクターを演じているそれぞれの表情がいいんだなあ。大きなハサミの両手で、どうやって踊るんだろうと思っていたけど、デュエットも見事だった。植木が踊り出したり、最後には観客席に雪が降ってきたりして、思わず、ニッコリしてしまうような、あたたかい気持ちになる作品でした。
[PR]
by yucoon | 2006-08-22 00:14 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
夢を見た
いつだったか不思議な夢を見た。
家族でレストランにいる。誰か他の人も同席していた。熱帯魚のようなきれいな魚が宙に浮かんでスイスイと泳いでいる。空気中を飛んでいるのか、自分たちが水中にいるのかよくわからない。そんな光景を眺めながら食事をしていたら、その同席していた誰かが、「あと20秒で分子構造が変わっちゃうから、この世界は全て消えてなくなるよ。」と言った。20秒と言ったか、2秒と言ったか、よく覚えていないけど、ともかく、それを聞いた私は焦って「え!みんないなくなっちゃうの?そんなのいやだ!でも、、、あれ?物も人もぜーんぶ同時に消えてなくなるのなら、何かを思う自分もいなくなるということだから、誰も何も悲しくないのか?」ということをその一瞬に考えた。「え?でもどうすればいいの?」と思うと同時に、その人がカウントダウンする声がする。2・・・1・・・0。 
ぱっと、そこで目が覚めた。普通の朝だ。
あー夢かぁ、夢でよかったー。と思ってから、さっきは魚がスイスイしてるレストランだったのに、今は布団の中だから、この世界は消えてなくなるよ!というのは、本当だったんだなあと思って、不思議な気分になった。
その日一日は、どうやって過ごしたんだったっけ。。。忘れちゃったな。
[PR]
by yucoon | 2006-08-18 00:49 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
世界バレエフェスティバル
a0081110_1403540.jpg3年に一度行われる世界バレエフェスティバルに行ってきた。これは海外のプリマやプリンシパルたちが集まって行われる、バレエの祭典で世界の一流のバレリーナたちをいっぺんに見られるというもの。もうみんな、すごかった。大変な技を簡単そうにやってしまうし、表現力が素晴らしい。人間のしなやかな動きと、音楽と、舞台の色。バレエは本当に美しいなあ。一番のお目当てはジル・ロマンだったんだけど、やっぱり良かった。。。
ジル・ロマンはなんと最多出演だそうで今回で7回目なんだそう。前回はアダージェットを観たけど、(涙してしまった)今年は「ブレルとバルバラ」から「孤独」という作品だった。それにしてもベジャールの振り付けは、本当に面白い。まさしくアートです。この作品をベジャールがジル・ロマンに振付けているDVDが家にあったので見てみたら、ベジャールさんは「孤独の中にこそ光がある、孤独は辛いものだが、自分を高め深めるために必要なものだ」と言っている。おー、やっぱり、深いです。。。

で、プログラム最終日に出演者全員のサイン入り手ぬぐいを、出演者が舞台から観客席に投げて、プレゼントするというのがあり、投げても届かない席の人にもあげられるように、今年は30周年記念だから特別に、座席番号の末尾が3の人にもプレゼントしますということだった。おっ!私が14番だから娘の席は13番!というわけでGETしました!
a0081110_140577.jpg

バレエなのに手ぬぐい、しかも 大入り とか書いてあってなかなかシブイ一品です。
[PR]
by yucoon | 2006-08-12 02:44 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
イベント終了
ニューヨークのPHギャラリーでのイベントが終了しました。今回は現地に行かれなかったので、どんな様子だったかは何とも言えないけれども主催者の方によると、私の作品に興味を持って下さった方もいたそうで、アメリカ人デザイナーの方などから評価があり、日本的、温もりが感じられる、質感が良い、など感想をもらったとの報告があって、うれしいです。。。コメントもらえたのなら、それだけで、満足です。バルセロナの時に、海外への出品の流れを学んだおかげで、今回はスムースだった。あの、バルセロナの体験が、さっそく役に立ったのだ。現地に自分が行ったときと、実際には行かなかったとき、両方やってみたことになった。体験のリアリティーの違いが、よくわかるなあ。PHギャラリーでの展示の様子↓真ん中の一点が私の作品です。
a0081110_0184774.jpg

a0081110_7405039.jpg
a0081110_7412930.jpg

[PR]
by yucoon | 2006-08-10 00:27 | 出展情報とお知らせ | Trackback | Comments(0)