カテゴリ:日々のこと( 85 )
卒業
娘たちのおかげで、私にもたくさんの出会いがあった。この卒業で自分の役目も、ひと区切りついたような感じがしてる。遠い記憶のせいか、自分自身の子供の頃の卒業よりも感慨深い。子育てでこれまで大変だったことも、すべて思い出になってしまうんだなあ。。。
小田和正の歌をバックに、子供たちの写真なんか見たら、もー、、泣いちゃう。。。
今はそれなりに年もとったし、いろんな人と出会ってみて、人間というのは温かいものだということを、あらためて知ることができた。きっと周りの人に恵まれていたんだと思う。みんな一生懸命なのだ。大人も子供も。。。ここから学んだことは、人のいい面ばっかりを見るようにしていれば、たいていは大丈夫・・・ということだ。
学ぶことも多かったし、良い経験がいっぱいできた。
今、いろんなことに感謝できることを嬉しく思う。
さーて、私自身も、これから次の一歩を歩き出していかなくっちゃ。
[PR]
by yucoon | 2008-03-20 16:35 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
今年も始まりました。
なんとなーく、するするーっと年が明けました。
今のところ、今年は千葉のグループ展と、秋にギャラリー銀座フォレストでの個展を予定してます。もう少し活動がありそうだけど、今の時点では計画が立てられない状況なので、あとはなりゆきまかせにしてみようと思ってます。一体どうなるんでしょうか。。。ということで、今年もよろしくお願いしますm(__)m
[PR]
by yucoon | 2008-01-07 15:09 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
今年も終わりそう
何人かの友人から、今年は個展やらないの?とメールをもらったりしていて、「ありがとう。やるよ!来年は。。。」と思い、早速、来年の契約をしてきた。

契約の話ついでに、香港でのクリスティーズオークションのカタログを見せてもらった。
今の主流は、不健康でグロいもの、もしくは真似っこ、人間の醜さに焦点を当てたもの、そんな感じ。一見、うぇー!っというのが多いなあと思った。オーナーも「品がない、飾りたくない」と言っていて、意見が一致。世界の動向はそんな感じ。私は相変わらず今までどおり描いて、自分の道をゆこう!と妙に気分が奮い立ってしまった。

5年間、毎年続いていた個展を今年、やらなかったのを心配して、幼なじみのりえちゃんが食事に誘ってくれた。小さい頃のように、自然とクリスマスのプレゼント交換をして、懐かしい話をいろいろした。今までまるっきり忘れていた人や物事が、ざーっとフィードバックして、何年もあけていない引き出しの中から、探したことのなかったものを、思わず見つけちゃったみたいな気分だった。「いつも個展を楽しみにしてるから・・・」と、励まされ、来年はやるぞぉ!と冬眠中みたいにぼやけていた頭の中をノックしたのでした。

今年はいろいろありすぎて、なんだかわざと感覚を鈍らせていたような気がする。ある意味、放心状態のようだった。そしたら絵も文も浮かんでこないし、ひょんなことで、すぐに泣けてくるので、何か描いていても、モロモロ~と崩れていって、ちゃんとした絵にならない。大変な年だったけど、今年もあっという間に終わってしまいそうだ。そうして、たんたんと日々は過ぎていってしまうのですね。

来年は、がんばります。
[PR]
by yucoon | 2007-12-15 16:34 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
このごろ
HPに2006年の作品をUPしました。works2006へa0081110_958650.jpg

日常のことに集中して、たんたんと日々を過ごし、風邪をひいてぼーっとなり、オカメインコのヒナを育てて、ふと見ると、冬の星座が光り始めたのに、ようやく気がついた、今日このごろ。

右の作品のタイトルは
おとずれⅡ-Something comes-
[PR]
by yucoon | 2006-11-17 09:59 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
夢を見た
いつだったか不思議な夢を見た。
家族でレストランにいる。誰か他の人も同席していた。熱帯魚のようなきれいな魚が宙に浮かんでスイスイと泳いでいる。空気中を飛んでいるのか、自分たちが水中にいるのかよくわからない。そんな光景を眺めながら食事をしていたら、その同席していた誰かが、「あと20秒で分子構造が変わっちゃうから、この世界は全て消えてなくなるよ。」と言った。20秒と言ったか、2秒と言ったか、よく覚えていないけど、ともかく、それを聞いた私は焦って「え!みんないなくなっちゃうの?そんなのいやだ!でも、、、あれ?物も人もぜーんぶ同時に消えてなくなるのなら、何かを思う自分もいなくなるということだから、誰も何も悲しくないのか?」ということをその一瞬に考えた。「え?でもどうすればいいの?」と思うと同時に、その人がカウントダウンする声がする。2・・・1・・・0。 
ぱっと、そこで目が覚めた。普通の朝だ。
あー夢かぁ、夢でよかったー。と思ってから、さっきは魚がスイスイしてるレストランだったのに、今は布団の中だから、この世界は消えてなくなるよ!というのは、本当だったんだなあと思って、不思議な気分になった。
その日一日は、どうやって過ごしたんだったっけ。。。忘れちゃったな。
[PR]
by yucoon | 2006-08-18 00:49 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)