ベジャール、そしてバレエはつづく
a0081110_19225451.jpg
先日、Bunkamuraル・シネマにて、映画「ベジャール、そしてバレエはつづく」を見てきた。小さい劇場で映画を観るのはけっこう久しぶりだ。ベジャール亡き後のバレエ団を率いる、ジル・ロマンが新作バレエを振り付けるというドキュメンタリーで、舞台に携わる人たちのインタビューやレッスン風景、舞台裏などが見れて、緊張感のある美しさだった。見終わったあと、何かこう、考えさせられるものがあった。作りあげるというのには、そのものに対する信頼と真剣さが大事なんだな、、、という思いにかられてしまう。ベジャールの残したものと、ジル・ロマンの真剣さと、静かな情熱はすごい。ダンサーの踊りにも、哲学を感じた。この新作が日本にやって来たら、ぜひとも観たいと思った。それにしても、ジル・ロマンの踊るアダージェットは、何度見ても感動ものだな。。。
[PR]
by yucoon | 2010-01-10 00:00 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/9617584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 上野で 作品エピソード >>