モノクロフィルム
a0081110_8561196.jpg
次女が高校で「映像」という授業を選択していて写真を撮っている。今期の授業はテーマを決めて、一眼レフのフィルムカメラでモノクロでいろいろ撮って、現像したネガを持って、学校の暗室で焼く、というもの。面白そうな授業だなあ。だけど、撮ったはいいがそれを現像に出すのがやっかいなのだ。今はデジカメ時代になり、モノクロフィルムを現像してくれる写真屋さんはほとんどなくなってしまった。近所の写真屋さんに持っていくと、たいていは外注に出すので1週間かかります、とか言われちゃう。いちいちそれでは課題提出日に間に合わない。どーしよー、どーしよー、、というので、1日か二日でやってくれるところはないかと、いろいろ調べてみても、そういうところは本当に少ない。だけど、ようやく見つかった!それも工房のすぐそばに!工房から歩いて30秒のところにあるラボだった。こんなに近いのに普段は通らない道だから、全然気がつかなかった!そこならば、たいていは1日かかるけど、空いていればその日のうちに現像してくれる。これは便利。ということで、わたしが工房に行く日に、娘の撮ったフィルムを預かって、出してくることしばしば。そうしたらお友達も同じように困っているようで、このごろはお友達の分も頼まれたりする。そうしたら映像の先生にも、それは何処の何というラボなのか?と聞かれたそうだ。ネガの入った封筒がプロっぽいんだそうだ。原宿の「ナショナル・フォート」って教えてあげてねと伝えておいた。昔は町の写真屋さんならどこでもやってくれたのに。写真の分野は激変したなあ。家の近所にあった写真屋さんも何年か前に閉店してしまったし。子どもが小さい頃は、いっぱい写真撮ってプリントして、アルバムに貼っていたけど、今のアルバムはもう、ディスクだし。。。
上の写真は次女の作品。モノクロフィルムって、やっぱいいな。何気ない風景が、ドラマチックに見えますです。
[PR]
by yucoon | 2009-12-18 23:55 | 日々のこと
<< 土曜日の夜は 光る並木道 >>