THIS IS IT
a0081110_21544918.jpg
マイケル・ジャクソンの映画"THIS IS IT"を観てきた。もうなんだか、胸がいっぱいになっちゃって。。。そんな熱狂的なファンっていうわけではなかったけれど、全盛期はドンピシャ世代だったし、その頃のスゴさは刺激的だったし、1987年のソロ初来日の時、奇跡的にチケットが手に入って、後楽園の(その頃はまだ東京ドームじゃなかった)コンサートに行った記憶が蘇る。
映像を見ていていろんな思いに苛まれてしまった。いつまで観ていても飽きないこの感じは何だろう。あの姿、全身がリズムと化していて、歌もダンスもまだまだスゴいじゃない!こんな天才だもの、ゴシップとかはほんとはどうでもよかったんじゃないかと、自分も含めてコレ見た人はきっと、なんか「ごめんね」みたいな気持ちになったんじゃないかと思ったりもする。映画の終演後に客席で拍手が起こった。思わず拍手。泣きます。胸が痛いです。
成功って何だろう。こんなにもビックなスターの、華やかな暮らしは想像できなくても、こんなにも顔を変えてしまったところに潜む、埋められない何か、多かれ少なかれ誰もが持っている小さな人間の悲しみ、ならば、なんとなくわかる気がする。だから余計に切なさを感じてしまうのだ。あの歌声が、ココロにしみちゃう。映像の編集も上手いんだろうけれども、マイケルがリハーサルの中で何度スタッフに「I love you」とか「God bless you」とか言ったか知れない。そしてなんとかして観客を楽しませようとしている様子を見て、身もココロも華奢なこの人は、本当にいろんなことに純粋に、身をすり減らしていったんじゃないだろうかと思った。そんな人柄がよく見える。
このコンサートが実際出来上がっていたら、さぞかしスゴかっただろうと思うけど、死んじゃっていなかったらこの映像が、世界同時公開なんてなかったんだろうし、とか思うとまた複雑な気分だ。このすぐあとに死んじゃうなんて本当だろうか。こんな大掛かりな未完成を残して死んでしまうなんてあるんだろうか。なんだかウソみたいだ。
「ダンス、ヤバいね」「歌もバンドもヤバいね」と娘たちはipodにマイケル・ジャクソンを追加。この影響力!
死んじゃったというのも実は大掛かりな演出で、マイケルはまたすっかり顔を変えて、本当はどこかでこっそり生きていて、あったかいシチューかなんか、もりもり食べて、自分が死んだということによって成り立っている、このビックビジネスと、一大エンターテイメントと、清算されたゴシップを見ながら、やれやれ、と笑っていてくれればいいのに、、、と思う。
[PR]
by yucoon | 2009-10-31 23:54 | アートなこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/9181469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-11-01 13:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yucoon at 2009-11-04 17:55
コメントありがとうね!
こちらこそ、いろいろ励みになってます。感謝です。。。
マイケルいいよー。ぜひ、おすすめ。
<< 英国制服スライドショー&お茶の... こねこ >>