棚からつぶやき
a0081110_12434644.jpg
ちょうど一年前に作った、つぶやき本。棚の整理をしていてぽろっと出てきたので、ちょっと開いてみた。ここでブログをやる前にも絵を描きながらココロの中で、なにかぶつぶつとひとり言を言って、ココロにうつりゆくヨシナシゴトをそこはかとなく書きつくっていていたのだけれど、その時点では言葉では言い尽くしたような感もあり、なんだかふっきれたような思いがあった。そんなこんなで、ちょっとこっぱずかしいような気もしたけれど、ひと区切りということで1999年から2005年までのつぶやきの抜粋編を印刷なんかしちゃったのだった。モノクロで絵も載せて、去年の個展で置いてみたら何冊か売れて、お買い上げ絵画作品のオマケにつけたりもした。(コレを持っている人はわずかだから、ある意味レア物!?)あー、このときこんなこと考えてたんだなぁなんて、今見るとちょっと客観的になれる。今より少し若い自分がいて、その頃のわたしなりに発見した、ある感覚を思い出した。そうだった、忘れたくない感覚がいくつかあるんだ。それを思い出したので作っておいてよかったかも、と思うのでした。
[PR]
by yucoon | 2009-10-01 14:14 | 日々のこと
<< 水やりいらず アンチじゃないエイジング >>