香りと記憶
a0081110_19501954.jpg
毎朝、掃除が終わってから、時間のある時は、お香を焚きます。
いつもはアジアン雑貨のお店で、買ってきたりしていたけど、先日京都の帰りがけに、ちょうどきらしてしまっていたのを思い出し、駅のお土産屋さんで、お香をひとつ買ってみました。やっぱり、京都のは、なんかちが~う。
煙たさが全然なくて、香りが立っているっていうか、濃~く香って、焚き終わりが、おだやかにほんわり。
a0081110_19512951.jpg
このお香を焚くと京都御所の玉砂利を、ざくざく歩いた記憶が蘇ります。
御所は香っていなかったけど、なぜだかこの風景の絵が出てきちゃいます。
上品な和の香り、ということなんでしょうか。
香りは記憶と結びついているものなんだなぁ。
なんだか、ほーっと落ち着きます。
そういえば、海のエジプト展の時に出したガチャガチャも、香炉だったな。
いろんな香りを試したくなってきました。
[PR]
by yucoon | 2009-09-16 11:27 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/8970603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro87lovely at 2009-09-16 20:07
香りと景色や記憶は一瞬にしてつながります。お香の香りいいですね。私もお香たきたいと思ったらなくて、なぜか線香を持ってきてるので、たいてみました。う〜ん、やっぱり落ち着きますね。お香たても素敵です。
Commented by yucoon at 2009-09-17 10:29
記憶のとても細かいところと、スッとつながるのが面白いなぁ、と。
ルームコロンやアロマキャンドルや、なんでもいいんだけど、
お線香や日本のお香は、なんかこう、グッと静かな気持ちになるよね〜。
<< 切り絵と鹿鳴館 京都へ >>