絵の名前
a0081110_18183293.jpg

絵を描いているときは、無心というか空っぽになってしまうので、
言語モードはストップしてしまう。
だけど描いている最中に時々ふっと、タイトルらしき言葉が
浮かんでくることがある。まるでスキをみるようにしてそれはやってくる。
すぐメモしないと忘れちゃうので、ノートはいつもぐちゃぐちゃ。
そんな風に、描いてる時から、何を描いているのかわかっている時もあれば、
何も浮かんでこないまま描き終わることもある。
そういう時は絵ができても、なかなかしっくりくる名前が出てこない。
じーっと眺めながら名前を探す。
それでもダメな時はアウトプットは終わりにして、
ひとまずそこで放っておくことにする。
それから音楽を聴いたり、本を読んだり、何か見たりと、今度は
インプットモードに変えていくうちに、ポッと接点が見つかったりする。
名前がつくと作品に、なんというか人格みたいなものが現れるような気がする。
「無題」でもいいんだろうけど、やっぱり名前をつけたいと思うのでした。
[PR]
by yucoon | 2009-08-26 11:49 | 制作のこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/8864487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さくらんぼ at 2009-08-26 17:16 x
なるほど~!そんな風にタイトルつけるんですね・・・。
タイトルとか、名前って、すごく大事なんだと思うんです。
生かすも殺すも・・・って言ったらちょっと御幣があるのかな?
その作品に対する思い入れみたいなもの・・・
タイトルから、推し量ることが出来るような、そんな気がするんですよね。
yucoonさんのタイトルは、いつだって、さすが!です。
Commented by hiro87lovely at 2009-08-26 18:04
そうか〜。そうやってまた新しい命が生まれるんですね、、、。なにもないところから、感じ取って生まれてくる、すごいな〜。だから世界に1個しかないとてもとても貴重なものになっていく。いつもどんな思いでタイトルつけたんだろう、、って思ってました。なんかそんなとこがわかって嬉しいな。
Commented by yucoon at 2009-08-26 23:29
さくらんぼさん、ありがとうございます!
いやいや、ボキャブラリーが少ないもので、なかなか言葉には苦労しております(汗)
タイトルから推し量ってもらえたらいいな、というのはやっぱりあります。
何かが伝わって、何か感じてもらえたら嬉しいと思っているんですが、言い過ぎてもなんだし・・・と、悩みどころいっぱいです。
Commented by yucoon at 2009-08-26 23:38
hiro87さん
言葉に出来ないことを絵にしたいと思って描いているのに、それを言葉にするのは、ちょっと戸惑ってしまうんですが、こんな感じでやっとります。ワードノートには、押し花展の時のシール貼ってますよん。
<< べんりな粉で ビックなミルキー >>