オテモト用
アフリカに住めるかもと思うくらいずっと視力が良く、メガネとは縁がなかったけれども、いよいよ近くのものがぼやけるようになってきた。電車の中など限られたスペースで本を読むときや、版画で細かい作業をしようとするたびに、あれ?み、みえない、、、という煩わしさを感じるようになってきた。これはもしかして・・・と思いメガネ屋さんへ。フレームを選んでから検眼。「ローガンみたいなんですけど」「はい、お手元用ですね」って。お店のひとはローガンキョウとは言わないんだぁ。最近やっとコレの扱いに慣れてきた。ピンぼけが解消され、おかげで作業も集中できる。なるほど、お手元には、すっかりかかせないモノになってきたようです。
a0081110_915560.jpg

[PR]
by yucoon | 2009-07-02 10:22 | 日々のこと
<< 濱中さんのリトグラフ展 ドルチェピンチョス >>