ジェーン・バーキン来日公演
IVYとかポリーヌ・クローゼとか聴いてて、自分はフレンチポップが好きなのか!と気がついた。そうか、高校生のころから大貫妙子が好きだったしなぁ。フレンチポップの大御所、ゲンズブールの妻であってスターといえば、ジェーン・バーキン。そう、エルメスのバッグの名前になった人。ベスト盤のCDを1枚だけ持っていた。新聞広告でジェーン・バーキンの来日公演のことを知ったので、電話予約して、ひょいと一人で行ってみた。ステージなのに、衣装はなんともラフなスタイル。その辺を散歩するような格好で、かすれたささやき声で静かに歌う。バンドも最小限の3人。かっこいいなー。なんとも言えないオーラを放っていた。ぜんぜんオシャレしてないのに、すごくオシャレなんだもん。MCではスーチーさんのことを言っていたようだ。言葉もよくわからないのに、訴えるような、語りかけるような歌声には、うるうるするほど、感動しました。
[PR]
by yucoon | 2007-11-21 23:41 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/8435917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年も終わりそう グループ展 >>