ふつつかですが
「夜のソネット」と名づけた版画の第一作目が嫁にでました。これはまったく思いがけないことです。まさしく処女作なので、世間知らずな子を嫁に出す親のような気持ちというか、なんというか、いいんですか??みたいな感じではありましたが、会場で一目惚れをして下さり、大切にしてくださるとのこと、なんとも幸せな子です。ご主人はお目にかかったことのない女性の方ですが、頂いたお言葉に感動と感謝がこみ上げてきました。作品が無事に届き、喜んで頂けたようなので、こちらも嬉しいかぎりです。これはわたしにとって意味深い出来事となりました。大事なことを気付かせてくれて本当にありがとうございます。
どうかお幸せに、そして良い夢を・・・。
[PR]
by yucoon | 2009-06-04 22:09 | 制作のこと
<< 最後のひときれ スケッチのたどりついたところ >>