銅版画でいろいろ
a0081110_23361696.jpg

版画の工房でいろんな技法を習う。前のところでやりかけだったエッチング2枚の仕上げとともに、新しく作り始めた少し大きめの版で試し刷りまで。そのあと版をダメにしてもいいので、いろいろ実験してみたいとお願いして、やってみたいと思っていたことを教えてもらった。版画の場合は絵と違って刷ってみないとどうなるかわからないところが面白い。消したり描いたりしながら作り上げることができないので、どこをどうしたいか、それにはどんな手順が必要かということをあらかじめ頭にいれておかないといけない。そこが絵と版画の大きな違いだ。みなさんと作業場を共にするので刺激を受けるし、わたしにとって新鮮なことだらけで、次はああしたいこうしたいという事柄が次々やってくる。マスターするには時間がかかりそうだけど、自分の中では表現の幅が広がったので、すごくやりがいがありそうだ。
[PR]
by yucoon | 2009-04-29 23:37 | 制作のこと
<< 作品集 見えた >>