クレー先生
a0081110_8454514.jpg

パウル・クレーがバウハウスで教えていた頃のテキスト。古本でゲット。クレーの作品は無邪気で感覚的に描かれたものだと思っていたけど、実は面や線のリズム感まで、理論的な考察がなされていたのだなぁ、、、とわかる。読んでも意味がわからないところがけっこうあるけど、そのわからなさがまた面白い。このような理論もまた、感覚的になってみないとわからないのだ。感覚が理論に引き戻され、理論が感覚に引き戻され、んー、こういう不思議な感じ、なんだかいいです。。。
[PR]
by yucoon | 2009-04-26 09:08 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/8215367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ドラムライン LIVE 版画工房へ >>