書道を鑑賞
a0081110_12532720.jpg友人の書道展を見に有楽町の交通会館へ。沢山の達筆な文字に囲まれて恐れ入りながらも、解説してもらいながら、なるほどーと感じ入る。友人の作品にはなにかほっとするものがあり、字の通り和やかな雰囲気。人柄が出るんですねぇ。繊細な一面も見えたりなんかして。。。見渡せば、ひと文字ひと文字、入魂!といった作品の数々。空間にいろんな魂の気配がするのだった。書道というのは絵画とは違って一種の修行のような、背筋が伸びるような、ストイックな感じがする。筆一本でコントロールしなければならない緊張感がある。書道の心得がない私は感覚だけで鑑賞させてもらったけど、なんとも良い時間でした。
[PR]
by yucoon | 2009-03-25 23:28 | アートなこと
<< 新しい石 眩しい春 >>