作品の役割
先日、私の作品を買ってくれた人が、今まで居心地の悪かった場所にその絵を飾ったら場所の空気が変わって居心地が良くなったんだそう・・・というような話を聞いた。それと似たような話を以前、別の人からもされた事があり、その時も自分の手を離れた作品が、何かしらの役割を担っているなんて、思いがけないことだなぁと感じたのだった。制作をする時はひとつひとつ思い入れがあり、その時その時の精一杯であって、完成させた時にいったんそれに区切りはついても作品自体、完結には至っていないのだろう。済んでしまったモノではなく、作品はその後、生き始めて、観る人に育てられて完成されていくものなんだなぁと思う。やはり観る人のチカラが作品をそのような存在にさせてくれているのだ。少しでも誰かに喜ばれているならば、描いててよかったと思えて、私も嬉しい。
[PR]
by yucoon | 2009-01-20 15:48 | 制作のこと
<< 蛭沢敬さんの個展 銅版画 試し刷り >>