銅版画 試し刷り
「阪本トクロウ展」をみてから、山手線で目黒の版画教室へ。先週、教室でやり残した作業を家でやって、今週は銅板の腐蝕と試し刷りを習う。インクで手が真っ黒になっちゃったけど夢中で作業する。行程がいろいろあって、絵を直接描くのとはぜんぜん違うからとても新鮮な気分。たのしいぞぉ!どんなふうになるのか刷ってみるまでわからない感じもワクワクするし。プレス機をとおった紙を先生が教えてくれながらそーっとめくって、初めての試し刷りが姿を現した時は、ご対面!っていうかんじになり、ちょっと感激。はまっちゃうかもねって言われて、ホントその通り!はまっちゃうかも・・・
[PR]
by yucoon | 2009-01-15 23:50 | 制作のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/7821056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 作品の役割 田渕俊夫展をみる >>