田渕俊夫展をみる
母が20年前からとても好きだという、日本画家「田渕俊夫」の展覧会に母と親戚と一緒に行ってきた。日本画はやっぱり発色がきれいだなあ。線と、色のあるところ、ないところのバランスが絶妙で、空間と時間がていねいに表現された感じ。すごいなあ。私は今、街の夜景を小さいキャンバスに何点か描いているんだけれど、それのスケールの大きなお手本のような絵もあって、とても勉強になった。
[PR]
by yucoon | 2009-01-13 22:52 | アートなこと
<< 銅版画 試し刷り 銅版画の第一歩 >>