銅版画の第一歩
以前からやってみたいと思っていた銅版画に初チャレンジ。今までも版画のような風合いを作ってみたくて、テンペラをニードルで削って線を出したり、茶色の油絵の具で細い線を描いたりしていたんだけど、銅版画を実際やったことはなかった。個展を見てくれたオーライさんが、版画をやってみたらいいんじゃないかと勧めてくれて、先生を紹介してくださった。これまでなかなかきっかけがなかったのでいい機会だと思い、さっそくお願いして、2009年の初制作は版画のための下絵。小さい落書きのような下絵を持って目黒の教室へ。絵を描くときはいつも一人で黙々とやっているから、机を並べて人と一緒に作業するなんて学生の時以来だ。他の方の力作をチラ見したりしながら、あれ?こんな落書きみたいな下絵で良かったのかな?なんてちょっと思いつつ、和やかな雰囲気の中、手ほどきを受ける。いろいろ下準備してニードルで銅板をけずるところまで。なんかワクワクする!帰りは先生とオーライさんご夫妻と他の生徒さんに混ぜていただき、目黒駅の近くの居酒屋さんで一杯。来週が楽しみ。。。
[PR]
by yucoon | 2009-01-09 08:50 | 制作のこと
<< 田渕俊夫展をみる 「ピカソとクレーの生きた時代」... >>