アトリエ
a0081110_11491496.jpg個展を終えてすぐ、空き待ちをしていた部屋が空き、同じ建物内で引越しをした。長く住んだ部屋には根っこが生えていたみたいで、運んでも運んでも、まだまだ荷物が出てきて、もう大変!空っぽにするのに予想以上に時間がかかってしまった。昔の作品はサイズが大きく、塗りも厚くて重い。動かすのもなんだかうんざりしてしまうので、作品を木枠から、ぜーんぶはずしてクルクル巻いて、押入れに入るようにした。ビスがさびているような大きな木枠はぜーんぶ破壊して、さようなら。その一連の作業で、なにかがひと区切りついたような感じがした。今まで部屋の隅っこを占領して描いていた絵も、今度はアトリエと名づけられた部屋で描くことができる。生活スペースが、ようやく片付いてきたので、今度はこの小さなアトリエで、心機一転できるかな・・・。
[PR]
by yucoon | 2008-11-10 11:50 | 制作のこと
<< 描くひと展をみる 作品の嫁入り >>