四月と十月
「でんえん」での搬入が終わった日、お店にある雑誌を見ていたら、味わい深い表紙の本を見付けた。「画家のノート・四月と十月」という白黒の本。「見本」と表紙に書いてある。ここで売っているみたい。画家のエッセイと作品の写真が見開きに載っている同人誌で、静かだけれど、なんかいいなーと、とても共感する空気が漂ってくる。気になって巻末を見たら、発行しているのは牧野伊三夫さんだった。牧野さんはうちのダンナさんと、お互い、若いグラフィックデザイナーだった頃のお知り合いだ。私も個展にお邪魔したことがあったり、雑誌や何かでその後の活躍を時折、目にしていた。気がつけば壁にかけてあるコーヒーチケットも牧野さんの作品だった。ママさんに聞いたら、昔はよくお店に来ていたんだそう。おもしろい偶然だなあ。。。牧野さんによれば、この同人誌の目的は、画家であるお互いの創作活動を励ましあうもの・・・ということで、なるほど、この静かであたたかい空気感は、その目的にあるのだなあと納得。批評のようなものは書かれていないのだ。もう18号も出しているんですね。欲しくなって最新号を一部購入。読んでいるうちに、私もなんだか励まされたような気持ちになったのでした。

画家のノート・四月と十月
[PR]
by yucoon | 2008-06-15 14:26 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/7212938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「でんえん」作品展終了 アコーディオン演奏会 >>