バルセロナ旅行記4
4月4日
今日も11時に画廊に行くことになっていた。時間があるので通りを1ブロック遠回りしてカサ・ビセンスを通る。これもガウディの建築。直線のデザインもきれいです。
a0081110_217418.jpg
前回来た時にKさんと行った画材やさんに行って、日本ではちょっと見たことのないパッケージのスケッチブックとキャンバスペーパーを買う。この辺からはディビダボ山が近くに見える。画廊にはすでにアナも来ていた。さて、オフィスでルーカスと三人で次の契約について話す。カテドラルの美術館はとても良かったけど、新たな契約はできないと結果的にはお断りした。ルーカスは「今回はダメでも、今後やってもいいと思った時はいつでも電話してくれ」と言う。そして、「あなたの絵を僕の家に1つ欲しい」と言って、オフィスを出て絵の前に行き、「これがいい!部屋は絵でいっぱいだから小さいのがいいんだ。」といって小さい作品を選び、壁からはずした。オフィスにもどってペンを出し、「ハイ、サインして!」と言う。キャンバスの裏に、ルーカスへユウコより・・・アナが耳元でコンカリーニョ(愛をこめて)というので、そう書いた。予想外の展開。アナは自分の作品のポスターに私へのメッセージを書いて、くれた。私は何かをやり遂げたような気持ちになって、マリア、アナ、ルーカスに別れのあいさつをして、画廊を出る。伝えたいことは伝わったようだ。何とかしようと思えば、何とかなるものだ。この画廊は悪評もあったりする。たしかに作品の扱いはいいかげんというか煩雑で、許せない人には許せないだろう。お金を儲けるのが目的なら、あんなポンコツ車には乗っていないだろう。この画廊の経営もなかなか大変だけれど、30年も続いているから、なんとかして存続させたいんだと言うようなことを言っていた。なんかそんな感じはよくわかりました。私は満足です、と言ったらルーカスも、グラシアスと言って、少し嬉しそうな感じだった。
明日はもう日本に帰る日なので、ちょっと買い物しようと思い、歩いていたら、導かれるように、再びカテドラルに来てしまった。しばし座って眺めながら心の中でいろいろ言う。
a0081110_192857.jpg
その後また同じ切手屋さん(上の写真)に出てしまう。古い切手をまた買った。カードやノートの専門店もあった。ディスプレイも店内もアンティークで素敵だったので、お店の人に断って、写真を撮らせてもらう。
a0081110_26401.jpg
今日は最後の夜なので、HOSTALが主催するシーフード料理つきサグラダファミリア夜景ツアーに参加。HOSTALのご夫妻と宿泊のお客さんとで、たっぷりシーフードを食べて、シャンパンと白ワインを楽しむ。オーナーやみなさんと話ができて楽しかった。また、どこにいるのかわからなくなる。同じところを選んで、遠くから来ている皆さんだという共通項があるだけで、初対面でもなんだかほっとするものだ。大阪から来た女の子も一人旅だったので、隣でいろいろお話。カサミラの屋上から南に海、北に山が見えたよ。なんて言っちゃったけど、後で思い出したら海が見えるのはグエル公園です。記憶が混ざってつい間違ったこと言っちゃっいました!夕食後レストランを出てちょっと歩くと、サグラダファミリアが、ばーん。夜景もまた神秘的な趣があって、素晴らしい。
a0081110_285788.jpg
昔は完成までにあと100年とか言われていたけど、最近は観光客のおかげで資金が集まり、もう少し早く完成するのではないかと言われているそうだ。でも観光客を入れないで工事ができればもっと早くできるのに、というジレンマもあるらしい。ご一緒したみなさんと記念撮影!
[PR]
by yucoon | 2008-04-12 18:27 | バルセロナ2008 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/6990514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< バルセロナ旅行記5  シッチェ... バルセロナ旅行記3 >>