シザーハンズ
a0081110_23525336.jpgきのう、マシュー・ボーンのバレエ、シザーハンズを観てきた。去年のシルフィード以来、生でマシュー・ボーン演出ものを観るのは二度目。シザーハンズは映画も大好きなので、すごく楽しみにしていた。優しくて、ちょっと悲しいティム・バートンの映画の世界が再現されていて、素晴らしかった。装置も演出もファンタジックで、繰り広げられるダンスからは、まるで台詞が聞こえてくるようだった。ダンサーのダンスもさることながら、キャラクターを演じているそれぞれの表情がいいんだなあ。大きなハサミの両手で、どうやって踊るんだろうと思っていたけど、デュエットも見事だった。植木が踊り出したり、最後には観客席に雪が降ってきたりして、思わず、ニッコリしてしまうような、あたたかい気持ちになる作品でした。
[PR]
by yucoon | 2006-08-22 00:14 | アートなこと
<< 時間という可能性 夢を見た >>