日々は過ぎて、あわわわわ。
蔵書票展が終わってから、バタバタバタと日々が過ぎていく。父の命日のためのお墓掃除やら、お墓参りやら、母の引越し大作戦の手伝いやら、次女の学校説明会やら、ギター教室のなんちゃらとか、吹奏楽フェスティバルとか、工房にも行きたいし、とまあいろいろ。知り合いの展覧会にもいくつか行ったりして、もう6月も終わりだなんて、、、どどど、どうしよう。
a0081110_1171886.jpg
8月の個展はいつもと違うところでやる予定なので、ちょっと新鮮な気分でもあるんだけれど、個展での版画の発表も初なので、不安と期待が入り混じる感じ。やっぱり作るからには、発表しないと本当の完成には至らないのではないのだろうか、と勝手に思ってしまっているために、無茶なスケジュールだったかなと、思いつつも、あえて今回はちょっと自分を追い込んでいるような状況です。で、前に描いたテンペラの作品を、サイズダウンして銅版画に再現してみる、というようなこともやってみているところ。自分の作品の焼き直しを、違う技法でやるというのも、なかなか面白いということを発見したのでした。展示では、銅版画は基本、単色で(色刷りをするには経験が足りなすぎ)表現して、その他に版画の元になったテンペラ画や、新たに描いたテンペラ作品もいくつか出したいと思っています。日々「おっ、コレはイケるんじゃないか?」と思ったり「なーんだぜんぜんダメじゃん!」と思ったりしていて、時間的には、非常〜にのんびりしているのもかかわらず、心理的には、たいへん忙しい。まあ、でも何か、楽しいものになるようにしたいし、今までとは少し違う何かを、自分なりに掴んでいるような気は、ちょっとしてる。それも日々、ゆらゆらと揺らぐものなのだけれど。。。焦る気持ちをなだめながら、こんな感じで、制作をしている、今日この頃なのでした。
[PR]
by yucoon | 2010-06-26 19:10 | 制作のこと
<< 近くの浜へ行ったりなどして 蔵書票展「エクスリブス・エクス... >>