☆ギャラリーセイコウドウ ☆阪本トクロウさんの個展
☆ギャラリーセイコウドウ
オーライさんが参加されているグループ展だと聞いたので、寄ってみました。しっとり落ち着いた建物画。建物の横に建物と同じスケールで、赤いコーヒーミルが並んでる作品が印象的でした。オーライさんの作品にはいつもノスタルジーと温もりを感じます。モランディを思わせる柔らかな直角、とでもいいましょうか。なんだかほっこりしました。ムサビ出身の方々のグループ展でした。

☆阪本トクロウさんの個展
銀座ギャラリー桜の木にて。エレベーターを降りたら、あら素敵なギャラリー。まるでサロンのようでした。阪本さんの作品が額装されているのを見たのは初めてだったかも。また雰囲気が変わる感じ。広く描かれた空の右上に飛ぶ飛行機に共感。静かにゆれる水面、夜のハイウエイ、遊具など、音のない世界のような静けさ。展覧会のタイトルは「まなざし」でしたが、わかるぅ〜、って思いました。阪本さんの作品を初めて見たのは、もう何年も前のギャラリー山口で、その時に好きだなぁと思って芳名帳に名前を書いたら、それからずっと個展の時はDMを下さる。見に行かれない展示もあったけど、ずーっと送って下さる。わたしは見るだけでコレクターでもなんでもないから、ただリストに載ってるだけなんだろうけど、それでもそういうのって、なんだか嬉しいものだな。なぜいつも、作品にブレないトーンを持っていられるのか、わかったような気がしました。
芳名帳に名前を書いていたら、ギャラリーの女性に「素敵な指輪ですね」と褒められ「雑貨屋さんのおもちゃですよ」って言ったら「まあ見えませんね、バンクリーフ&アーペルかと・・・」って。おほほほ。
[PR]
by yucoon | 2010-05-21 23:50 | アートなこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yucoon.exblog.jp/tb/10706981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ☆おやつどうぐてん ☆セラミッ... ☆ 日本新工芸展 >>